長崎県・雲仙温泉 ホテル東洋館

プラン

0957-73-3243

Cuisine
HOME
お料理
お部屋
お風呂
館内案内
交通アクセス
メール

旬の味、雲仙の味 地産地消をテーマとした、郷土食豊かな料理。

会席料理

会席料理

雲仙牛

雲仙ブリ

雲仙牛、雲仙ブリ、雲仙こぶ高菜、八斗木白葱…雲仙ブランドに拘りました。

雲仙温泉がある島原半島は食材の宝庫です。特に雲仙市では脂がのって美味しいと評判の「雲仙ブリ」をはじめ、ミネラル豊富な資源と環境から産まれた極上牛肉の「雲仙牛」、国見町の八斗木地区を中心に栽培されている「八斗木白葱」は県内外を問わず人気があり、これらはすべて『雲仙ブランド』に選定されています。また、スローフード協会国際本部から希少な食材として認定されている「雲仙こぶ高菜」「えたりの塩辛」なども有名です。特に「雲仙こぶ高菜」はスローフード協会国際本部が認定する「プレシディオ」に、日本で初めて認定されました。
※プレシディオ…スローフード協会国際本部が認定する「味の箱舟」の中でも世界的に希少で地域活性化につながるとされるスローフード

 

長崎和牛

料理長こだわりの食材。

「長崎和牛」は、肉本来の旨みを持つ赤身と、まろやかな味わいの脂身が絶妙なバランス。柔らかな食感、ジューシーで脂の口溶けがたまらない良質な牛肉です。厚切り肉なら鉄板焼きなどシンプルに、薄切り肉ならしゃぶしゃぶやすき焼きなど、肉の旨みが味わえます。

具雑煮

永い歴史の味がする郷土料理。

「具雑煮」は、島原半島地域で正月などに食べる独特な「雑煮」のことです。この雑煮には伝説があり、江戸時代1637年(寛永14年)に 島原の乱が起こり、原城に立て籠もった一揆軍の大将天草四郎が籠城の 際に、それぞれ兵糧として食料(餅や山海の食材)を持ち込んで、雑煮にしたのが始まりと言われています。

湯せんぺいパフェ

雲仙の恵みをたっぷりと
思わず笑顔になる東洋館オリジナル料理。

雲仙の「湯せんぺい」をフレーク状にしたものをベースに、生クリーム・餡子・フルーツをトッピングしたオリジナルスイーツ「湯せんぺいパフェ」を考案しました。どこか懐かしい味がする一品です。